カテゴリー別アーカイブ: 洗顔

洗顔のしすぎは、かえって ニキビや敏感肌をつくる

肌はとてもデリケートなもの。洗顔のしすぎは角質層を痛めてしまい、様々な肌トラブルの原因になったりします。もとより、洗顔の目的は、酸化した皮脂やメイクなどの汚れのみを落とすことです。けれど、洗顔をしすぎると、肌に必要な皮脂やうるおいを保つ角質層の細胞間脂質(セラミドなど)や天然保湿成分まで洗い流してしまいかねないのです。必要な皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分は、お肌を乾燥やアレルゲンなどから守るバリアとなっています。

では、肌のバリア機能を低下させてしまうと、どうなってしまうでしょう。肌が乾燥したり、普段ならかぶれない様な成分に反応したり、いつもより紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。洗いすぎは、洗顔後の保湿位では、カバーできないのです。一度痛めつけられた肌のバリア機能が回復するのには、少なくとも一晩以上、へたをすると数日かかってしまうかもしれません。バリア機能が低下している間は
煩わしい肌トラブルをかかえこむ可能性もあるでしょう。肌には自浄作用がありますので、汗とホコリは、ぬるま湯で十分に落とせます。大切な皮脂を守りながら不要な汚れだけを落とす、正しい洗顔を身につけましょう。過剰な洗顔は、しすぎることで、ニキビ、敏感肌などのトラブルが解消することもあるのです。こうした意味からも、的確な洗顔法は大事です。

<正しい洗顔方法>

①まず手を洗います。
②洗顔料を良く泡立てる
③Tゾーンから洗い始める
ョンの様に泡を乗せ、まずはTゾーンなど皮脂が多い部分から洗い始めます。
④目元や口元は泡を乗せるだけで十分
⑤)ぬるま湯でよくすすぐ
よくすすぎ、洗顔料が肌に残らないように気をつけましょう。
⑥清潔なタオルで顔を押さえる
すすいだあとは、清潔なタオルで顔を押さえるようにやさしく水分を取りさります。
⑦洗顔後はすぐに保湿
洗顔後の肌は、過乾燥になりがちです。すぐに保湿をするようにしましょう。

<肌タイプ別の洗顔方法>

脂性肌の方は、Tゾーンなど皮脂の多い部分を入念に洗いがちです。けれど、洗顔しすぎ皮脂を取り過ぎると肌が乾燥するばかりでなく、角質が厚くなり、ニキビや毛穴が目立つ様になります。
乾燥肌の方は、もとより皮脂が少ないので、洗顔料の使用は夜1回のみで良いくらいです。