カテゴリー別アーカイブ: 大人ニキビ

ニキビを減らす方法(‘◇’)ゞ

人の印象において、とっても重要なのは肌。

肌がつるつるか、荒れているか。この違いはかなり大きいものだと思います。

かくいう私も、以前は常にニキビができている状態でした。

治ったと思ったらできて、特に頬と輪郭のにきびは消えることなく存在している状態。

そんな私が、思いがけずニキビがほとんどできない肌になりました。

今は、本当に生活習慣が崩れた時にできる程度で、すぐに治ってしまいます。

その方法は、2つ。

1.はちみつゆず茶を飲む

2.低用量ピルの服用(女性の場合限定ですが)

まず1番目、はちみつゆず茶の効能はすごいです。

冬に喉を悪くした時、友人に勧められて飲み始めたのですが、はちみつゆず茶を飲み始めて2週間くらい経ったときにニキビがだんだんとなくなっていることに気づきました。

始めは理由がなんなのかわかりませんでしたが、この2週間で変わったことと言えばこのはちみつゆず茶を飲み始めたことくらい。

調べてみると、はちみつもゆずもビタミンC豊富で体にとってもいいんだそうです。

はちみつがいい、というのはよく聞く話ですが、はちみつゆず茶にすることではちみつ単体よりもビタミン豊富、しかもおいしくて飲みやすくて続けやすいという利点が発生します。

風邪にも効果てきめんでしたが、肌にもいいなんて…!いいところしかありません、はちみつゆず茶。

2番目、これは女性限定になってしまうのですが、低用量ピルの服用です。

しかし注意点があって、人によっては副作用もあり飲まないほうが良い方がいますので、まずは産婦人科で相談してくださいね。

避妊薬としてもつかわれるこの低用量ピル。私はもともと生理が不順ということがあり、飲み始めました。

生理不順ということはホルモンバランスが悪いということです。

ホルモンバランスが悪ければ、当然肌も荒れます。

このホルモンバランスを整えてくれるのが、低用量ピルです。

もともと女性らしくなる、太る、肌がきれいになる、という効果は言われていましたが、これを飲み始めてからニキビができなくなりました。

輪郭にあったニキビが、ピルを飲み始めて2か月ほどで消えたのです。

はちみつゆず茶を飲んでニキビがだんだん改善してきたところに、ピルを飲み始めて本当にニキビ消滅、しかもほとんどニキビが出来なくなりました。

以上二つから私が学んだのは、「ニキビには表面からのケアよりも内側からのケア」。

結局中からどうにかするのが一番です。

基本的なことになりますが、きちんと生活して、必要な栄養を取って、ホルモンのバランスを整えて…という方法が確実に効きます。

上記二つの方法は、そのための方法の一つ。自分にあった方法を見つけて、ニキビをなくしましょう!

ニキビを治す食事

偏食傾向、外食が多い、食事を抜くことがある、こんな方は食事を見直すだけでニキビが改善するケースがあります。ニキビを治すにはターンオーバーを正常にする必要があります。細胞の生まれ変わりにはタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養が必要です。偏った食事や外食が続くと栄養不足になりターンオーバーが乱れます。しっかり食べて栄養を摂ることで肌の生まれ変わりがスムーズになってニキビの治りがよくなります。

ビタミンAにはターンオーバーを促す働きがあります。皮膚に潤いを与えて乾燥によるニキビを防ぎます。ビタミンAが多い食品は、レバー、うなぎ、人参、カボチャなどです。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂ると吸収がよくなります。

過剰な皮脂分泌は毛穴をつまらせてニキビの原因になります。ビタミンB2とB6は皮脂の分泌を抑制します。新陳代謝を促したり角化を正常にして健康な肌を作る働きもあります。ビタミンB2が多い食品は卵、レバー、乳製品などです。ビタミンB6が多い食品はかつお、まぐろ、大豆などです。

ビタミンCは鉄分とアミノ酸と一緒に摂るとコラーゲンの生成を促します、抗酸化力が高くニキビの炎症による色素沈着を予防します。ビタミンCが多い食品はブロッコリー、水菜、パセリ、イチゴなどです。熱に弱いので加熱はサッと済ませましょう。

過剰な脂肪分の摂取は皮脂分泌を活発にして毛穴をつまらせニキビを作ります。しかし、全く脂肪分を摂らないのもよくありません。大切なのは質です。

必須脂肪酸のオメガ3は細胞膜の原料になって、しっとりつややかな肌を作ります。不足するとターンオーバーが乱れます。オメガ3は魚、亜麻仁油、しそ油、クルミなどに多く含まれています。亜麻仁油やしそ油は熱に弱いので、サラダにかけるなど熱を加えないで食べましょう。

タンパク質不足もターンオーバーを乱します。ターンオーバーを正常にするには毎食タンパク質を摂取する必要があります。肉・魚・卵・大豆製品などいろいろなものを組みあわせてタンパク質を摂ります。

食事を変えてしばらくすると肌が変わってニキビがよくなってきます。

大人ニキビはどうやって対策すればいいの?

大人ニキビを改善する為には単純に「あれをすれば良いこれをすれば良い」という訳ではありません。
思春期ニキビの場合ですと、大抵の場合は皮脂が主な原因になっている事が多いという事もあり、皮脂対策をすればニキビが改善される事がありますが、大人ニキビの場合は色々な要素が原因になり得ますし、その原因も人によって千差万別ですので、自身に発生している大人ニキビの原因を見付ける必要があります。
ではどんな要素が大人ニキビの原因になるのかという事ですが、まず挙げられるのがお肌に合わない化粧品です。
化粧品には沢山の化学成分が配合されていますが、それらの成分の中には刺激性があるものもあります。
お肌を刺激してしまう事で角化異常を引き起こし、そして毛穴詰まりを発生させてニキビに発展してしまいます。
特にお肌が弱い方は影響を受け易いと言えます。
乾燥肌だったり敏感肌の場合ですと刺激により一層弱くなっていますので、通常肌と比較するとダメージを受け易い状態になります。
また、刺激は大人ニキビ以外にも肌荒れやシミなどを引き起こす原因にもなってしまいますので、基本的には刺激を与えないような化粧品を活用する必要があります。
生活習慣の乱れも大人ニキビの原因になり得ます。
一口に生活習慣の乱れと言っても色々な要素がありますが、例えば食事内容が挙げられます。
近年の現代人の食生活は乱れ気味と言われていますが、その理由の一つとしてはファストフードやインスタント食品をよく利用される方が多いからです。
そういった食事の場合でも野菜を多めに摂るなどしてバランスを整えるようにすればまだ良いのですが、それだけになってしまうような方も少なくありません。
栄養バランスが乱れている状態ですと、内臓器官の働きを悪くする原因になります。
内臓器官の働きが悪くなれば血液の質が悪化したり血流も悪くなりますし、当然の事ながらお肌の代謝も落ちてしまいます。
お肌の代謝が落ちれば古い角質も蓄積し易くなり大人ニキビができ易くなりますので、食生活が乱れている際には改善が必須と言えます。

即効性のある大人ニキビのケアコスメ

ストレス肌にはニキビができやすいとも言われているのですが、まさに私の肌はその通りにストレスを感じると大人ニキビがとても増えていました。季節の変わり目にとても眠くて起きる事が難しい時期などに、仕事が余計に増えてくるので、とても体が疲れているとそんな時に限ってコメドが顔にできてしまうのです。

睡眠が足りないのかと思い、ある程度は早く眠るようにはしているのですが、疲れはある程度軽減しても肌にはあまり良い効果がありません。一回ニキビができてしまうと、だんだん大きくなってしまい、メイクで隠す事もできないのでとても面倒です。

それでも普段の仕事の時は、家での仕事ですので人に会う事もなくニキビも気にならないのですが、週末に人に会うとなるとニキビをなんとかしたい、と本当に思ってしまっていました。そこで、ニキビケアでも口コミなどの高い化粧品などをいくつか使ったのですが、即効性のある物はあまりなく、治るまでにもかなりの時間がかかってしまうのも悩みの種でした。

そんな時にコスメ通のお友達に聞いたのが、ニキビ専用の化粧品がある事でした。ニキビと言えば、日本では思春期ニキビ専用のブランドが数多くあるのは知っていたのですが、こちらは大人向けのブランドなのだそうです。

そのコスメは通販で売っている為、多少買いづらいけれど効果があるという事なのです。そのコスメがLEVEL6のジェントルスキンエッセンスです。値段がとても高いので躊躇していたのですが、友達が太鼓判を押すのでとにかく一回試してみる事にしました。

つけ心地はとてもしっとりしている感じでしたが、次の朝に見てみると、コメド状のニキビがとても小さくなっていました。今までは治すのにかなり時間がかかったのですが、こんなに即効性があるとは思いませんでした。

お値段が高いですしあまり頻繁には使えませんが、どうしてもお出かけをする予定がある時の一週間前からは、とても効果が高いのでジェントルスキンエッセンスで大人ニキビやコメドを予防するケアをしています。

ニキビは汚れに弱い!

ニキビは、お肌が乾燥してできてしまうそうです。
なので、なるべく乾燥しないように、こまめに保湿することが、ニキビを増やさない方法の一つです。

冬などは乾燥しやすいので、クリームなどを多めに塗ることを心がけていたほうがいいかもしれません。
そして、風邪や、寒いからといって、マスクをするのも、ニキビにはあまりよくないようです。
肌にマスクが擦れて、摩擦してしまい、ますますニキビの原因になってしまいます。
ニキビが気になる方や、ニキビができやすい方は、マスクの使用は控えめに心がけてみるのがいいと思います。

ニキビは摩擦などの影響もあってできてしまうので、
寝るときなどに、お肌が布に触れないように、まっすぐ上を向いて寝ると、肌が荒れなくていいと思います。
枕などには汚れもたくさんついていますから、その汚れもお肌やニキビにはよくありません。
汚れがお肌についてしまうと、それがニキビの原因になってしまいます。
枕カバーはこまめに洗うなど、顔に触れそうな可能性のあるものは、常に清潔に保っておくのがベストです。

そして、ニキビはストレスにも弱いので、あまり悪いものを溜め込まないようにしましょう。
心も綺麗に保ち、ニキビフリーの状態を目指します。

洗顔もとても大切で、汚れをきちんと落とすのがニキビを防ぐコツです。
化粧品の洗い残しがないように気をつけましょう。
なので、クレンジング剤はよく落ちるものがいいです。
よく落ないものは、ずっと顔をこすっていなければいけないので、かなりお肌に負担をかけてしまいます。
ずっとお肌にクレンジング材をのせて置くのは悪いことなので、
クレンジング力の強いものを使って、さっと洗い流してしまうのがいいです。
クレンジングの力が強すぎるのは肌によくないのでは?という不安があると思いますが、
むしろ強いほうが肌に乗せておく時間を短くすることができるため、
結果的に肌にいいということになります。
綺麗に落ちますし、是非クレンジングは強めのものを選んで使って下さい。

大人ニキビと思春期のニキビとの違い

できてしまうとなかなか治すことができない「大人ニキビ」。そんな大人ニキビは、思春期のニキビと異なり、何度もくり返すのが特徴です。それもそのはず、思春期のニキビと大人ニキビは、ニキビそのもののできる構造が違うことに要因するのです。
思春期のニキビは、成長に伴いホルモンバランスが乱れることにより、皮脂が過剰に分泌することが原因で起こります。そのこともあって、思春期が過ぎ、20歳を過ぎるぐらいになり、ホルモンバランスが正常に戻ると、皮脂の過剰分泌はおさまりますから、当然ニキビはできにくくなります。
ところが、大人のニキビは皮脂汚れはもちろんのこと、ストレスによるホルモンバランスの乱れが主な原因となる場合があります。ストレスによってホルモンバランスが乱れると、当然皮膚のターンオーバーもうまくいかなくなりますし、それと同時に皮脂の過剰分泌が起きて、皮脂も汚れやすくなります。おまけに加齢による角質の硬化、オフィス環境などが原因となって起こる肌の乾燥、仕事の多忙などによる生活習慣の乱れなど、大人ニキビが発生するのには、様々な原因があり、そして多くの要因があるのです。
ここまでたくさんある大人ニキビの要因のすべてを解消するのは、正直言って難しいでしょう。そのこともあり、大人ニキビは治ったと思っても、別の要因が原因となってまたすぐ発生し、大人ニキビはくり返すことになってしまうのです。でも、大人ニキビの要因は複数あったとしても、結局は「毛穴をつまらせる」ことが原因となって、ニキビを発生させているのです。どんなことが要因となっても、毛穴詰まりを起こさないようにすれば、大人ニキビの発生は防ぐことができるともいえるのです。
具体的には、皮脂が毛穴内部の古い角質と混ざり合い、角栓になってしまわないようにして、毛穴がつまってしまうことを防ぐとか、大人ニキビの初期段階といえる症状が出たら、きちんとしたケアをすれば、大人ニキビは問題なく消し去ることもできますし、その予防も容易でしょう。