冬の洗顔でニキビに

水道の水が冷たくなって、洗面所の空気がスーッと寒くなるこの季節。
私はこの季節になると毎年のようにニキビができてしまいます。
その原因はどうやら洗顔のようなのです。
というのもおでこの髪の生え際や、あごの下など、普段ならできない箇所にニキビが出るのです。
女性は、朝身支度を整えた後は、帰宅するまでの12時間近くメイクをつけっぱなしということも多いと思います。
まさに私もそうで、帰宅するとまず洗顔をして顔のメイクや汚れを落としさないと、何だか気分がリラックスできません。
でも外から帰宅した後の一番疲れたコンディションで、洗面所で前かがみになって洗顔をするのって、とても大変なのです。習慣になった今でも、あまりに疲れているときや面倒なときは、メイク落としシートで拭くだけにすることもあります。
なぜ冬の洗顔でニキビができるのか。
夏のぬるい水道水なら良いのですが、冬の指先が真っ赤になってしまうような冷水で洗顔をすることはできません。
冷たさで十分にすすげなかったり、ぐっと冷たさをこらえるときに皮膚にシワができてしまったり、脂汚れも浮かないからです。
冬はお湯と水を人肌くらいの温かさになるように調節して、洗顔をしています。
しかしそれでもニキビが出来てしまうのが悲しいです。
憶測ですが、冬の寒い洗面所で洗顔をして、お湯こそ出しているものの、ついついゆすぎが甘くなってしまっているのだろうと思います。
お湯は肌につけたそばから蒸発し同時に体温を奪います。
蒸発することで夏よりも余計に乾燥し、また体温が奪われることで寒気を感じ夏よりもはやく切り上げてしまうのです。
髪の生え際やあごのあたりはクレンジングのオイルや洗顔料の泡が落としきれないことがよくあるのです。
夏であれば洗顔はベタベタ汚れも落とせ、顔の表面がひんやりして気持ちよいです。
しかし冬は、少しでも早く終わらせたいという気持ちが、無意識のうちに働いてしまっているのでしょう。

即効性のある大人ニキビのケアコスメ

ストレス肌にはニキビができやすいとも言われているのですが、まさに私の肌はその通りにストレスを感じると大人ニキビがとても増えていました。季節の変わり目にとても眠くて起きる事が難しい時期などに、仕事が余計に増えてくるので、とても体が疲れているとそんな時に限ってコメドが顔にできてしまうのです。

睡眠が足りないのかと思い、ある程度は早く眠るようにはしているのですが、疲れはある程度軽減しても肌にはあまり良い効果がありません。一回ニキビができてしまうと、だんだん大きくなってしまい、メイクで隠す事もできないのでとても面倒です。

それでも普段の仕事の時は、家での仕事ですので人に会う事もなくニキビも気にならないのですが、週末に人に会うとなるとニキビをなんとかしたい、と本当に思ってしまっていました。そこで、ニキビケアでも口コミなどの高い化粧品などをいくつか使ったのですが、即効性のある物はあまりなく、治るまでにもかなりの時間がかかってしまうのも悩みの種でした。

そんな時にコスメ通のお友達に聞いたのが、ニキビ専用の化粧品がある事でした。ニキビと言えば、日本では思春期ニキビ専用のブランドが数多くあるのは知っていたのですが、こちらは大人向けのブランドなのだそうです。

そのコスメは通販で売っている為、多少買いづらいけれど効果があるという事なのです。そのコスメがLEVEL6のジェントルスキンエッセンスです。値段がとても高いので躊躇していたのですが、友達が太鼓判を押すのでとにかく一回試してみる事にしました。

つけ心地はとてもしっとりしている感じでしたが、次の朝に見てみると、コメド状のニキビがとても小さくなっていました。今までは治すのにかなり時間がかかったのですが、こんなに即効性があるとは思いませんでした。

お値段が高いですしあまり頻繁には使えませんが、どうしてもお出かけをする予定がある時の一週間前からは、とても効果が高いのでジェントルスキンエッセンスで大人ニキビやコメドを予防するケアをしています。

ニキビは汚れに弱い!

ニキビは、お肌が乾燥してできてしまうそうです。
なので、なるべく乾燥しないように、こまめに保湿することが、ニキビを増やさない方法の一つです。

冬などは乾燥しやすいので、クリームなどを多めに塗ることを心がけていたほうがいいかもしれません。
そして、風邪や、寒いからといって、マスクをするのも、ニキビにはあまりよくないようです。
肌にマスクが擦れて、摩擦してしまい、ますますニキビの原因になってしまいます。
ニキビが気になる方や、ニキビができやすい方は、マスクの使用は控えめに心がけてみるのがいいと思います。

ニキビは摩擦などの影響もあってできてしまうので、
寝るときなどに、お肌が布に触れないように、まっすぐ上を向いて寝ると、肌が荒れなくていいと思います。
枕などには汚れもたくさんついていますから、その汚れもお肌やニキビにはよくありません。
汚れがお肌についてしまうと、それがニキビの原因になってしまいます。
枕カバーはこまめに洗うなど、顔に触れそうな可能性のあるものは、常に清潔に保っておくのがベストです。

そして、ニキビはストレスにも弱いので、あまり悪いものを溜め込まないようにしましょう。
心も綺麗に保ち、ニキビフリーの状態を目指します。

洗顔もとても大切で、汚れをきちんと落とすのがニキビを防ぐコツです。
化粧品の洗い残しがないように気をつけましょう。
なので、クレンジング剤はよく落ちるものがいいです。
よく落ないものは、ずっと顔をこすっていなければいけないので、かなりお肌に負担をかけてしまいます。
ずっとお肌にクレンジング材をのせて置くのは悪いことなので、
クレンジング力の強いものを使って、さっと洗い流してしまうのがいいです。
クレンジングの力が強すぎるのは肌によくないのでは?という不安があると思いますが、
むしろ強いほうが肌に乗せておく時間を短くすることができるため、
結果的に肌にいいということになります。
綺麗に落ちますし、是非クレンジングは強めのものを選んで使って下さい。

大人ニキビと思春期のニキビとの違い

できてしまうとなかなか治すことができない「大人ニキビ」。そんな大人ニキビは、思春期のニキビと異なり、何度もくり返すのが特徴です。それもそのはず、思春期のニキビと大人ニキビは、ニキビそのもののできる構造が違うことに要因するのです。
思春期のニキビは、成長に伴いホルモンバランスが乱れることにより、皮脂が過剰に分泌することが原因で起こります。そのこともあって、思春期が過ぎ、20歳を過ぎるぐらいになり、ホルモンバランスが正常に戻ると、皮脂の過剰分泌はおさまりますから、当然ニキビはできにくくなります。
ところが、大人のニキビは皮脂汚れはもちろんのこと、ストレスによるホルモンバランスの乱れが主な原因となる場合があります。ストレスによってホルモンバランスが乱れると、当然皮膚のターンオーバーもうまくいかなくなりますし、それと同時に皮脂の過剰分泌が起きて、皮脂も汚れやすくなります。おまけに加齢による角質の硬化、オフィス環境などが原因となって起こる肌の乾燥、仕事の多忙などによる生活習慣の乱れなど、大人ニキビが発生するのには、様々な原因があり、そして多くの要因があるのです。
ここまでたくさんある大人ニキビの要因のすべてを解消するのは、正直言って難しいでしょう。そのこともあり、大人ニキビは治ったと思っても、別の要因が原因となってまたすぐ発生し、大人ニキビはくり返すことになってしまうのです。でも、大人ニキビの要因は複数あったとしても、結局は「毛穴をつまらせる」ことが原因となって、ニキビを発生させているのです。どんなことが要因となっても、毛穴詰まりを起こさないようにすれば、大人ニキビの発生は防ぐことができるともいえるのです。
具体的には、皮脂が毛穴内部の古い角質と混ざり合い、角栓になってしまわないようにして、毛穴がつまってしまうことを防ぐとか、大人ニキビの初期段階といえる症状が出たら、きちんとしたケアをすれば、大人ニキビは問題なく消し去ることもできますし、その予防も容易でしょう。

季節の変わり目のお肌チェック

季節の変わり目…お肌のコンディションが崩れがち…ということはありませんか?
夏は高温多湿に紫外線、冬は厳しい乾燥!
日本の季節の移り変わりは、本当に過酷…。
季節に応じたお手入れでしっかりケアしたいものです。

春は、重苦しい寒さから解放され、日差しも明るく軽やかな気分…
ですが、紫外線はすでに危険値なんです。
7月の紫外線量を100とした場合、4月にはなんと80にも達しています。
(ちなみに5月6月は95、
8月は100、9月は80と言われています)。
しっかりと日焼け止めを塗って、早めの紫外線対策が必要です。
風が舞いやすいこの季節、花粉やホコリなどの刺激で肌はストレスにさらされています。
家に帰ったらすぐにメイクオフすると、お肌にも優しいです。

夏はとにかく紫外線対策!日焼け止めをこまめに塗ることが大切です。
顔だけでなく耳、うなじ、デコルテにも忘れずに…。
美白スキンケアをライン使い、
ビタミンを摂るなど食事にも気を使って、総合的なケアで夏の美肌を守りましょう。
また、テカリや毛穴の汚れが気になる季節です。
スクラブなどのスペシャルケアを取り入れて、
毛穴の汚れを撲滅、ニキビが出来ないように清潔に保ちましょう。
意外と忘れがちなのが、乾燥対策。
屋外では強い日差し受け、屋内では扇風機やクーラーで乾燥、
お肌はお疲れ…ふと気づけばシワっぽくなっていませんか?
さっぱりとしたお手入れで済ませたいところですが、
しっかりと保湿することを忘れずに。

ようやく夏の厳しさが過ぎ去り、過ごしやすくなる秋、
夏のダメージをリカバリーしたいですね。
しっかりお手入れをするチャンスです!
きたる冬に備えて、しっかり美肌の基礎を作っておきたいです。

冬は乾燥対策が最重要。
シワっぽい?乾燥して肌が痛い?粉がふいてる?なんて感じた時には手遅れです。
先手、先手!で潤いに満ちた肌をキープしましょう。
とにかく保湿、クリームで油分を補います。
暖房と加湿はセットで行います。
寒くて体が硬くなっていませんか?
マッサージやヨガなどで凝りをほぐして血流を良くしましょう。
血色が良くなりバラ色の頬、
お通じが良くなってニキビ予防、
良いことだらけです。

まさに美は一日にしてならず…です。
毎日のことだから、楽しんで、美肌を育てるつもりで取り組みたいですね。

洗顔のしすぎは、かえって ニキビや敏感肌をつくる

肌はとてもデリケートなもの。洗顔のしすぎは角質層を痛めてしまい、様々な肌トラブルの原因になったりします。もとより、洗顔の目的は、酸化した皮脂やメイクなどの汚れのみを落とすことです。けれど、洗顔をしすぎると、肌に必要な皮脂やうるおいを保つ角質層の細胞間脂質(セラミドなど)や天然保湿成分まで洗い流してしまいかねないのです。必要な皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分は、お肌を乾燥やアレルゲンなどから守るバリアとなっています。

では、肌のバリア機能を低下させてしまうと、どうなってしまうでしょう。肌が乾燥したり、普段ならかぶれない様な成分に反応したり、いつもより紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。洗いすぎは、洗顔後の保湿位では、カバーできないのです。一度痛めつけられた肌のバリア機能が回復するのには、少なくとも一晩以上、へたをすると数日かかってしまうかもしれません。バリア機能が低下している間は
煩わしい肌トラブルをかかえこむ可能性もあるでしょう。肌には自浄作用がありますので、汗とホコリは、ぬるま湯で十分に落とせます。大切な皮脂を守りながら不要な汚れだけを落とす、正しい洗顔を身につけましょう。過剰な洗顔は、しすぎることで、ニキビ、敏感肌などのトラブルが解消することもあるのです。こうした意味からも、的確な洗顔法は大事です。

<正しい洗顔方法>

①まず手を洗います。
②洗顔料を良く泡立てる
③Tゾーンから洗い始める
ョンの様に泡を乗せ、まずはTゾーンなど皮脂が多い部分から洗い始めます。
④目元や口元は泡を乗せるだけで十分
⑤)ぬるま湯でよくすすぐ
よくすすぎ、洗顔料が肌に残らないように気をつけましょう。
⑥清潔なタオルで顔を押さえる
すすいだあとは、清潔なタオルで顔を押さえるようにやさしく水分を取りさります。
⑦洗顔後はすぐに保湿
洗顔後の肌は、過乾燥になりがちです。すぐに保湿をするようにしましょう。

<肌タイプ別の洗顔方法>

脂性肌の方は、Tゾーンなど皮脂の多い部分を入念に洗いがちです。けれど、洗顔しすぎ皮脂を取り過ぎると肌が乾燥するばかりでなく、角質が厚くなり、ニキビや毛穴が目立つ様になります。
乾燥肌の方は、もとより皮脂が少ないので、洗顔料の使用は夜1回のみで良いくらいです。

乾燥による肌荒れについて

夏に比べると冬の方が肌荒れが酷くなります。
元々乾燥肌なのですが、冬になると余計に乾燥が進んでしまってしっかり洗顔して化粧水を付けていてもカサカサになってしまうのです。

毎年肌のトラブルで悩んでいたのですが、今年は早めに対策することにしました。
美容関係の仕事に付いている友人にアドバイスをもらいながら、乾燥肌用の対策をしました。
まず、化粧水や乳液を変えました。
いつもしっとりを使っていたのですが、とてもしっとりというものがあるらしくそちらを使うことにしました。

ベタベタとまではいかないのですが、かなり濃厚な液体で肌がしっとりします。
塗りこむのが良いと思っていたので、いつも擦り付けるようにしていたのですがパッティングと言って叩き込むのが良いそうです。
私の肌は乳液を吸収してくれないと思っていたのですが、叩き込むことで奥まで入ってくれるみたいです。

手に引っ付くくらいになるまでパッティングします。
少し顔が照かるのですが、寝る前なので気にしません。
翌朝のしっとり感が全く違います。

朝、顔を洗うと夜の間のケアが意味を成さなかったのですが、パッティングをするようになってから洗顔後も効果が持続するようになりました。
そして洗顔後すぐ化粧水、乳液をしてパッティングすることで化粧ノリも良くなりました。

乾燥というか乾かさないことが大事なんだなと思いました。
いつも肌に水分がある感じで化粧品にもこだわるようにしています。
ファンデーションはずっとパウダータイプを使っていたのですが、リキッドに変えたほうが調子が良くなりました。

水分をたくさん含んでいるので伸びがよく、少量で充分足ります。
前はついつい厚塗りになっていたので、時間が経つと小じわが出来ていました。
今はリキッドのおかげで小じわも目立たなくなりました。
それでも気になるときはミストを少し拭くだけでしっとり感が復活します。

相談に乗ってくれた友人にとても感謝しています。
今年の冬は自信を持って過ごせそうです。

肌荒れにコラーゲンを食べても効果ない?

肌荒れや美容系の話題でコラーゲンを食べても効果は無いというのを聞いたことがある方は多いかもしれません。

コラーゲンは年齢を重ねる度に減少していきます。
食べ物や飲み物などやサプリメントなどで補う方は多いと思います。
ところが、食べたり飲んだりするのは、分解されるから意味が無いという方もいます。

そもその、コラーゲンは減少すると肌の弾力がなくなってしまい、シワになります。
また、体内のコラーゲンが減少することでヒアルロン酸まで減少してしまいます。その結果、肌の保水力が失われたり、柔軟性がなくなるなどの影響が出てしまいます。
肌の状態は、たるんでしまったり、乾燥肌になるのです。

お肌に注目されがちなコラーゲンですが、爪、髪にもコラーゲンは良いという研究も報告されていて、コラーゲンを摂る事で髪のハリ、爪のツヤなどに影響するようです。

コラーゲんを食べる事でアミノ酸に分解されて、体内で吸収されます。
また、コラーゲンは体内の組織に様々に使われています。
そのため、肌にのみ限定でコラーゲンが供給されるとは限りません。

そういう意味でも、コラーゲンは食べても意味が無いと捉える方がいてもおかしくはありません。

しかし、最近では口から食したコラーゲンが一部分解されないまま、お肌届けられているという報告もあります。

ヒドロキシプロリンというコラーゲンにもに含まれているペプチドです。間接的にコラーゲンやヒアルロン酸の産生を促してくれるという事で注目されています。

つまり、このヒドロキシプロリンを効率よく吸収できるコラーゲンならば、食べたほうが有効と言う事になるでしょうか。

また、ビタミンCと一緒に摂る事も有効とされています。
コラーゲンを合成する際に必要な酵素に対して補酵素として働きを助ける役目をもっています。

そして、エラスチンと一緒に摂る事もおすすめします。
コラーゲンとエラスチンを同時に摂る事で、ヒラルロン酸の産生量が増えます。
食品から摂る事は困難なものですので、サプリメントで補う事をおすすめします。

栄養素を補う際に効率的な方法があるので、ムダにしないためにも正しい知識でサプリメントを摂るようにしましょう。