ニキビを治す食事

偏食傾向、外食が多い、食事を抜くことがある、こんな方は食事を見直すだけでニキビが改善するケースがあります。ニキビを治すにはターンオーバーを正常にする必要があります。細胞の生まれ変わりにはタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルなど多くの栄養が必要です。偏った食事や外食が続くと栄養不足になりターンオーバーが乱れます。しっかり食べて栄養を摂ることで肌の生まれ変わりがスムーズになってニキビの治りがよくなります。

ビタミンAにはターンオーバーを促す働きがあります。皮膚に潤いを与えて乾燥によるニキビを防ぎます。ビタミンAが多い食品は、レバー、うなぎ、人参、カボチャなどです。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂ると吸収がよくなります。

過剰な皮脂分泌は毛穴をつまらせてニキビの原因になります。ビタミンB2とB6は皮脂の分泌を抑制します。新陳代謝を促したり角化を正常にして健康な肌を作る働きもあります。ビタミンB2が多い食品は卵、レバー、乳製品などです。ビタミンB6が多い食品はかつお、まぐろ、大豆などです。

ビタミンCは鉄分とアミノ酸と一緒に摂るとコラーゲンの生成を促します、抗酸化力が高くニキビの炎症による色素沈着を予防します。ビタミンCが多い食品はブロッコリー、水菜、パセリ、イチゴなどです。熱に弱いので加熱はサッと済ませましょう。

過剰な脂肪分の摂取は皮脂分泌を活発にして毛穴をつまらせニキビを作ります。しかし、全く脂肪分を摂らないのもよくありません。大切なのは質です。

必須脂肪酸のオメガ3は細胞膜の原料になって、しっとりつややかな肌を作ります。不足するとターンオーバーが乱れます。オメガ3は魚、亜麻仁油、しそ油、クルミなどに多く含まれています。亜麻仁油やしそ油は熱に弱いので、サラダにかけるなど熱を加えないで食べましょう。

タンパク質不足もターンオーバーを乱します。ターンオーバーを正常にするには毎食タンパク質を摂取する必要があります。肉・魚・卵・大豆製品などいろいろなものを組みあわせてタンパク質を摂ります。

食事を変えてしばらくすると肌が変わってニキビがよくなってきます。