ニキビを治すために大切なことはやっぱり食べ物

私は小学生の頃からずっとニキビに悩まされています。
特に中学高校のころはひどく、常に顔は赤い状態でした。
ちょっと胸元が開いた服を着たとき、顔と胸元の色が違うと男子に指摘されて恥ずかしかった記憶があります。

高校を卒業して化粧をするようになりました。しかし最初は高い化粧品を買えないので、ドラッグストアに売っているような安い化粧品を使っていました。もちろん買う基準はニキビを隠せるかどうかです。肌への負担が大きいリキッドファンデを使っていたため、色は胸元と同じになったものの、肌のでこぼこ感までは隠せません。

大人になり収入を得るようになって、やっと化粧品に予算をかけられるようになりました。ニキビ用の化粧水や乳液、そしてニキビ用のリキッドファンデ。これらがやっぱりニキビを悪化させずにすむのでい1番いいです。しかし、生理前はものすごく荒れます。小鼻の周りに小さいニキビが無数にできて、頬には大きなニキビがぽつぽつと現れます。ニキビ用の化粧品だけではニキビは防げません。薬をつけてもすぐには消えません。

そんなある日、直近の2ヶ月は生理前でも肌の調子がよかったのに、今月はまたニキビが悪化してきたと気づきました。その肌の調子がよかった2ヶ月は何をしていたかというと、父の血糖値が高いと診断を受けたため、家族総出で食事に気をつけていたのです。糖質や脂質は適切な量をしっかり把握し、野菜をともかくたくさん食べるようにしていました。しかし、最近は気がゆるんで、そこまで野菜を食べることに気をつけていませんでした。そうしたら、肌がまた前みたいに荒れだしたのです。

「これは化粧品や薬より、食事のほうがニキビには大切かもしれない…」と思い、試しに3日間毎日納豆とヨーグルトを食べるようにしました。そして生野菜を1日3回毎食とるようにしました。そしたら、いつもは生理が終わって何日かしないと良くならないニキビが、生理前にもかかわらず、生理後のような状態になりました。

よく考えたら、ニキビは生活習慣をよくすることが1番大切とたくさんの場所で言われています。しかし、ついつい簡単な化粧品や薬にだけ頼ってしまいます。食事の工夫はちょっとしたことでできるので、自分の肌のために頑張らないといけないですね。
す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>