大人ニキビの原因と対処法

大人ニキビの原因は複合的

思春期にできるニキビよりも大人ニキビの方が治りにくいものです。
それは大人ニキビが生活習慣が大きく関わっているからです。
お肌のケアだけではなく生活も見直さないと治りにくいんですね。

大人ニキビは日常生活から見直しを

ニキビ 食生活

大人ニキビに大きく関係しているものが、まず食生活です。
外食が多くて栄養バランスが片寄っていたり、お酒を良く飲んでいたり、食事の代わりにスナック菓子を食べるなど皮脂の分泌が多くなる食生活をしていると大人ニキビはなかなか治りません。
やはりバランスの良い食生活をしないと、肌が綺麗にならないのです。

食事だけではなく不規則な生活や睡眠不足、ストレス、それに過度なダイエットも大人ニキビを引き起こします

こういった生活はホルモンバランスを崩してしまい、女性ホルモンの分泌が減って相対的に男性ホルモンが増えてしまいます。
すると皮脂の分泌が多くなってきてニキビができやすくなります。

生理周期にあわせてニキビができやすくなる時期がある人や、顎にニキビができやすい人はホルモンバランスが乱れがちな人が多いです。
ホルモンバランスを整えるのには、リラックスできる時間をとる事が大切です。
充分な睡眠をとったりお風呂にゆっくり浸かったり、好きな音楽を聴くなどリラックス出来る時間をとるようにすると、自律神経のバランスがとれるようになるのでホルモンバランスも良くなります。

大人ニキビにはピルが効く

ニキビ ピル

なかなかそういった時間が取れない場合や、早く治したい場合には低用量ピルによる治療を受ける方法もあります。
低用量ピルを飲むことで女性ホルモンのバランスが取りやすくなるので大人ニキビには有効な治療法です。
顔だけではなく胸や背中にできるニキビにも効果があります。

ピルと聞くと副作用を心配する人もいますが、低用量ピルは副作用もなく生理前のイライラや体の不調も治してくれます
皮膚科などで処方を受ける事ができます。

こういった治療と併用して食生活を改めたり生活習慣を変えていくとニキビができにくい体質に変わっていきます。

ニキビ肌に大切な洗浄と保湿

 

ニキビの原因は、毛穴に溜まった古い脂や角質が硬くなってしまったところにアクネ菌が繁殖してしまうことにあることが多いです。
ですので、まずは毛穴を綺麗にすることと、お肌がかたくならないように常に保湿をしっかりとしてお肌を柔らかく保っていくことが大切です。

洗顔料の泡立ては大事

ニキビ 泡

まず、毛穴の中をきれいに保つには洗浄が重要ですが、洗顔料をしっかりと泡立てて使うのは言うまでもなく重要なポイントです。
まだ洗顔ネットを使ったことがないという人は、しっかりとした泡を作るためにも洗顔ネットは欠かせません
そしてさらに泡立てる段階でクレイパウダーをまぜると、毛穴の奥までクレイパウダーの効果で吸着・洗浄することができるので、毛穴の奥からスッキリと洗い上げることができます。

参考:もう騙されない!ニキビ肌でも使える洗顔料まとめ

クレイパウダーは、スキンケア用品が売っているショップや、手作り化粧品の原料が売っているお店などで手に入れることができます。
もしも複数のクレイパウダーがあるような品ぞろえの良さでしたら、迷わずホワイトクレイパウダーを選ぶと良いです。
ホワイトクレイパウダーは、粒子がこまかいので、より効果的に毛穴のかをお掃除することが可能だからです。

毛穴のパックのやりすぎには注意

ニキビ スキンケア

さらに毛穴対策として、週に1度くらいは毛穴のパックをして硬くなってしまった角栓も取り除くようにしましょう。
しかし、こういった用途のパックは使いすぎるとお肌自体を傷めてしまうこともあるので注意が必要です。
あくまでもやりすぎない程度に毛穴の角栓をとるようにすると良いです。
お肌自体を傷つけてしまうと、逆に肌トラブルを招いてしまいます。

そして、毛穴を洗浄した後は保湿も忘れずに行うことが重要です。
毛穴をお掃除しても乾燥が始まってしまうと、分泌された皮脂がまた毛穴の下でかたまってしまって取れにくくなり、結局アクネ菌の温床となってしまいます。
ですから、あまりオイリーでない化粧水を選んで、適度にお肌を保湿してあげることが大切です。

参考:bitty(ビティ)-ランキングと口コミ・ライター記事から探せる美容ポータルサイト-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>